起案者利用規約

株式会社システム工房 (以下、「運営会社」といいます。)は、当運営会社が運営するクラウドファンディングプラッ トフォームJoin Us(ジョインアス)(以下、「本サービス」といいます。)の利用について、 以下のとおり利用規約 (以下、「本利用規約」といいます。)を定めます。プロジェクト起案者(以下、「起案者」といいます。)が本サー ビスを利用するためには、本利用規約および本利用規約とは別に当運営会社が定める会員登録に関する会員規約(以下、 「会員規約」といいます。)の全てに同意して頂く必要があり、起案者が本サービスを利用したときは、起案者は本利 用規約に同意したものとみなします。
第1条 本サービス
1項
当運営会社が本サービスを通じ、会員が本サービス上に掲載するプロジェクトに対してサポーター(以下、「支援者」といいます。)として支援する目的の本サービスを会員に対して提供します。
2項
起案者は定めた募集期間(プロジェクト毎に起案者が開始時に設定した目標額に達するまでの有効期限までの期間をいいます。以下「募集期間」といいます。)に、支援金が目標額に到達したらプロジェクト目標額達成とし、速やかにプロジェクト活動を開始するものとします。プロジェクトの進捗状況を本サービスのブログ相当の機能を通し支援者および会員に対して告知していくものとします。
3項
起案者は支援金提供を受けたプロジェクトに対して、あらかじめ定めた期間内で目標額に達しない場合は、起案したプロジェクト達成の際の義務は発生しないものとします。
4項
起案者は支援金提供を受けた支援者に対して、あらかじめ定めた時期に、有形または無形のモノ等のリターン(リターンとはプロジェクトが定めた一定金額の支援に対して法令の範囲内で提供される無形または有形のモノ等とします。以下、「リターン」といいます。)を支援者に提供するもとします。また、当運営会社は支援者および会員と起案者の間に関する責任は負わず、リターンの受け渡しなどに関して万が一トラブルが生じた際には、起案者と支援者の間で解決することとします。
5項
起案者はプロジェクト活動開始後の、支援者からの支援金の返金の要請に応じる必要はありません。また、当運営会社はその場合一切の責任は負わず、返金に対するトラブルなどは起案者と支援者の間で解決することとします。
6項
起案者が定めた募集期間内に目標額に到達し支援者から当運営委員会へ支援金の支払が完了した時点で、起案者が支援金提供を受ける契約が成立するものとします。
第2条 支援者から支援を受ける金額
 
支援者から受ける支援金には消費税を含みます。
第3条 キャンセル、返品、返金
1項
起案者は、一旦成立した支援者との間のプロジェクト開始契約の撤回を求めないものとします。ただし、万が一やむを得ない事情で撤回を求める場合は、当運営会社と支援者に対して十分な事情説明を行い、場合によっては支援金の返金も行うものとします。
2項
当運営会社は、起案者のプロジェクトが必ず成功することや、進捗を継続させること、プロジェクトの品質、サービス、リターン内容を保証するものではありません。従って、プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求、その他紛争については、プロジェクト起案者に対して申し立てるものとし、当運営会社は一切関与しないものとします。
第4条 支援金の支払い
1項
当運営会社は、プロジェクトが募集期間内に目標額に達成した場合は、当運営会社より一定の手数料(第5条手数料について参照)を差し引いた金額を起案者へ支払うものとします。
2項
プロジェクトが募集期間内に目標額に達成した場合、当運営会社が起案者へ支払う金額はプロジェクト成立月末締め、翌月末に支払うものとします。
第5条 手数料について
 
運営会社の手数料は、プロジェクト目標額で集まった支援金の20%とします。また、別途決済手数料5%が必要となります。
第6条 サービス運用について
1項
アクセスの集中などにより、支援者として支援金の支払いができなかったことにより会員に生じる損害に当運営会社は一切責任を負いません。
2項
当運営会社は、支援者としての支援数および支援金が目標数および目標額に達成されず、当運営会社と会員の間でプロジェクト開始契約が成立しなかったことにより起案者に生じる損害には一切責任を負いません。
3項
本サービスの基準時間は、当運営委員会のサーバー、システムで管理する時間とし、実際の時間や本サービスで表示する時間とは一致しない場合があるものとします。
4項
当運営会社は、支援者の責に帰する事由(登録メールアドレスや住所の間違い等)で支援者として支援したことの表示や遅延、リターンの遅延、遅配が発生したことにより支援者に生じる損害には一切責任を負いません。
第7条 支援者の個人情報
 
起案者が支援者へのリターンで支援者の個人情報が必要である場合、本サービスのメッセージ送受の機能および当運営会社との直接の電子メール送受を使用することとします。この際個人情報の管理は起案者が責任を持って行うものとし、当運営会社は情報の漏えいといったトラブルが生じる損害には一切責任を負いません。
第8条 著作権
1項
起案者が起案するプロジェクトは単独で所有権を保持していない著作物、使用許諾を受けていない著作物を含んでいないことが条件となります。
2項
会員は、プロジェクト内容について、当運営会社、起案者その他の者の名誉その他の権利ないし利益を侵害するものでない限り、当運営会社の定めるプロジェクトのURLおよびブログパーツ・ウィジェット、プロジェクトタイトル、プロジェクト概要のテキストおよび画像、起案者のプロフィールをインターネット上で転載することができるものとします。また、インターネット以外の紙面媒体等への転載については、当運営会社および起案者の許可を求めるものとします。
3項
支援者のIDや日時等の情報および支援に関する履歴を、インターネット上およびインターネット以外への転載は一切禁止するものとします。
4項
起案者のプロジェクトに関する一切の権利は、本サービスの著作権を有する当運営会社または当運営会社の提携先に帰属します。ただし、プロジェクトに関して著作権法に基づき起案者に権利が生じる場合、当該権利については上記の限りではありません。
第9条 サービスの停止
 
当運営会社は次の各号の事由により本サービスの一部または全部を停止することができるものとし、当該停止により起案者に生じた損害には一切責任を負いません。
  • ・本サービス提供のための装置、システムの保守または点検を行う場合
  • ・火災、地震などの自然災害、停電、システム障害等により本サービスの運営が困難な場合
  • ・その他当運営会社がやむをえないと判断した場合
第10条 サービスの廃止
 
当運営会社は、当運営会社の判断により本サービスの提供を廃止することがあり、当運営会社は当該停止を行う場合、起案者に対して事前に通知をするものとします。当運営会社は、当該停止により起案者に生じる損害には一切責任を負いません。
第11条 準拠法および合意管轄
1項
本利用規約の準拠法は日本法とします。
2項
本利用規約に関して紛争が生じた場合、岡山地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第12条 規約の変更
 
当運営会社は、本利用規約を事前の承諾通知なく、変更することができるものとします。当該変更の後、本サービスを利用した起案者は、かかる変更に同意したとみなすものとします。
以 上

新着情報

  • 香川県
  • 高松市役所
  • 丸亀市
1人でもたくさんの人達に
「JoinUs」を広めて
ください!!